2010/07/11 日曜日

東萩の宿

東萩で降りて、宿に向かいます。萩の駅は、萩駅より東萩駅のほうが大きな駅です。



 

こちら、東萩駅です。地味ながらきれいな駅です。

 

萩の案内図です。幕末、維新関係の史跡がおおく、また萩焼で有名な地域です。


宿の方が迎えにきてくださったので、乗っていきます。10分弱ぐらいで到着。外観は撮り忘れてしまいましたが、「萩小町」という宿です。ここは、ものすごい量の館内施設・設備があり、わたくしにとって重要な洗濯機・乾燥機が置いてあるというところですので、泊まることを決めました。宿の中で洗濯ができると、着ている物すべてを洗えるので助かります。


お部屋はこんなことになっております。一人で泊まるには広すぎるぐらいですが、まあ個人客はあまり泊まらないのでしょう。


外の風景はこんなかんじです。ここは夕日がキレイだよ、というで客をとっているみたいですが、天気に左右されるものをメインテーマに売り込むのはどうかと思いますね。


萩は昔からではなく最近になって温泉を掘り当てたらしいので、こちらの宿のお風呂も温泉が使われています。海沿いですから、例によってナトリウム・カルシウム塩化物泉ですね。


ここは露天風呂になっています。洗い場は室内、風呂2つは外ってことで。海沿いのお風呂は、潮騒が気持ちいいです。


さきほど大量の施設・設備があると言いましたが、こんなかんじの棚に無数の物がおいてあります。


こちらが、この宿で最強の設備、洗濯機と乾燥機です。フロントで洗剤をいただきまして、いくらか払うと利用できます。この部屋は「家事室(女性専用)」という部屋になっていますが、男性のわたくしも使ってOKでした。家事をやるのは女性だけっていうのはやめてもらいたいですね。今の時代は男性だって家事をしますよ。


こちら、夕食です。宿のご飯はやたらと量が多くていつも食べ過ぎるのですが、ここの宿では海鮮丼のみという、すばらしい選択肢があります。他に注文している人はいなかったのですが、みなさんどうせ残すんだったらこちらの方がいいですよ、などと思いつつ、おいしくいただきました。


さて、洗濯はすぐ終わりますが、乾燥にはやたらと時間がかかります。そこで、家事室(女性専用)の近くにあるパソコンルームとやらで、自分のパソコンを持ち込みつつ過ごします。この部屋では、パソコンでケーブルテレビが見られるので、うれしい限りです。ディスカバリーチャンネルとヒストリーチャンネルを見ていたら、あっという間に時間が過ぎ、長かった乾燥が無事終了しました。

 

ということで、今日は日付が変わるころに洗濯も終わりましたので、ぼちぼち休もうと思います。

 

明日は、一日雨だと天気予報も言っているので、別府ぐらいまで進んでしまおうと思います。

 

ではまた。

津和野から東萩へ

では、津和野から萩方面へむかいましょう。まずは15時20分津和野発、16時00分益田着の普通列車です。


こちらにのります。


のどかな雰囲気の景色です。ここは益田のひとつてまえ、本俣賀駅です。


益田につきました。

次は16時41分益田発、17時53分東萩着の普通列車です。ここでは40分ぐらい時間があります。


こちらは万葉歌人、柿本人麿の像です。ちょっと愛嬌のあるお顔ですよ。ここが生誕の地なんだそうです。


こちらは益田駅。地味な雰囲気でございます。


駅前も、こんなかんじです。ロータリーがちゃんと作られていますが、ここだけ整備されていて、あとは昔ながらの街並みのようです。


では、こちらに乗って進んでいきましょう。


またしてもこんな景色です。日本海側の景色はいつもすてきです。

東萩駅につきました。

ここで今日は終了。ここで一泊します。

 

ではまた。

津和野散策

津和野散策です。

顔出し看板。なんとも言えない不思議な看板です。SLやまぐち号の終着点です。


津和野駅の外観です。観光地であるはずの津和野ですが、あまり駅に賑わいがありません。観光バスが多く通りますので、ここへくる方々はツアーでしかこない程度なのでしょうか。


ひさびさに、観光案内板が駅の近くを載せています。すばらしい!駅の近くに古い街並みがあるんですね。こじんまりとしているので、次の列車まで1時間半弱を過ごすにはいい場所です。


駅のすぐ近くに観光案内所がありますので、中に入ってお話を伺います。うずめ飯は、そこらじゅうで食べられますが14時ごろから休憩に入る店が多いので気をつけて、ですとか、ここが街並みになるので、寄り道しなければ20分もあれば歩けますよ、とか、いろいろ教えてくださいます。非常に好感の持てる案内所でした。


今日は、こちらのお店でお食事をいただきます。「寿司・割烹 あおき」というお店です。


津和野は昔からの流鏑馬で有名です。こちらの的は、実際今年の流鏑馬で使われていたものだそうです。よく見ると、矢が当たって板が割れているんです。テレビでしかみたことがなかったので、ちょっと感動です。実際の流鏑馬も見てみたいなぁと思います。津和野では毎年4月第二日曜に行われているそうです。


さあ、でてきました。うずめ飯定食。左のピンクの器がうずめ飯。その隣には葉わさびとたけのこ、一番右は茶碗蒸し。一番上のものはさしみこんにゃくです。津和野はこんにゃくを刺身にしてたべるんだそうです。


こちら、うずめ飯。事前知識無しに見たので、だし汁にご飯がどっかりのっかっているだけの、お茶漬け?と思ってしまいました。


「うずめ」とは「埋め」で、おかずが贅沢品だった昔、贅沢を嫌い質素倹約をもとめる城主にバレないように、しいたけやにんじん、豆腐などのおかずをご飯の下に隠して食べたという、おかずをご飯に埋めておくっていうのが謂れなんだそうです。混ぜると、いろんな具が下からでてきます。これはおもしろい。味は、きちんとだしをとっただし汁でいただく、いわゆるお茶漬けなのでおいしいものです。すばらしい。

たいへん満足しました。それでは、街を散策してみましょう。


コンビニのポプラ、看板の後ろが和風な仕上がりです。


こちらは、稲成神社の大鳥居です。日本五大稲荷神社のひとつです。お稲荷さんといえば、大量の朱塗りの鳥居を抜けていく場合が多いと思いますが、ここにも1000本の鳥居をくぐっていくんだそうです。ちょっと時間がないので、今日はここだけ撮って終了です。


こちらが古い街並みの入り口。稲成側から撮ってみました。


ここでは、鷺舞がおこなわれます。国の重要無形民俗文化財に指定されているそうです。毎年7月20日と7月27日に行われるそうです。見てみたいですね。


こんな街並みが続いていきます。落ち着いた街並みでゆったりと過ごせます。


おっと、鷺です。さすが鷺舞の地です。道を堂々と横断しております。


街の真ん中当たりに、こんな建物が。和風建築物の中に突然洋風の建物が立っていても、目立つだけで不思議と違和感は無いです。津和野カトリック教会だそうで、昭和6年にたてられてそうです。



教会の敷地には、こんな展示室が。乙女峠というのは、明治維新後のキリシタン禁止令違反の長崎の方々を収容した寺があったところで、酷い拷問を受け何人か死んでしまったんだそうです。その悲劇を展示してありました。人間の残虐な部分が見え隠れする話はつらいものです。3尺の箱に閉じ込められた信者が聖母マリアを見たということで、乙女峠にはマリア聖堂があるんだそうです。ちなみに3尺とは、90センチですので立つことも寝転ぶこともできません。おそろしい...


駅に戻ると、となりにSLが展示されているのに気づきました。


D51です。きちんと管理されているようで、屋内に置いてあるかのようなキレイな車体です。


ホームから、乙女峠の入り口を撮ってみました。ここを登っていくとマリア聖堂があるんですね。もうすぐ列車がきてしまうので、峠を登っていくことはできずでした。

 


今日は萩にとまろうと思いますので、これから列車で進んでいきましょう。

 

ではまた。

岩国から津和野へ

さあ、乗っていきましょう。9時51分岩国発、11時57分新山口着の普通列車に乗ります。



こちらです。近い感覚がありましたが、新山口まで2時間かかるんですね。景色を眺めつつ、ブログの地図を更新しつつ、と、過ごします。

ちなみに、岩国と徳山の一つ手前の櫛ヶ浜の間は、特定区間の運賃計算を用いる、というルールがあります。この間には山陽本線と岩徳線の2本の路線があり、距離は岩徳線のほうが短いんです。今回の旅では山陽本線に乗るつもりなのですが、運賃は実際に乗る山陽本線の距離ではなく、短い岩徳線の方で計算しますよ、という、なんともうれしい区間です。こんな区間は、東京・蘇我間の総武線・外房線と京葉線の関係や、大阪・天王寺間の大阪環状線内回り外回りの関係などで短い方をつかって計算してくれます。


雨もあがり、海と浜と山と、という景色が続いていきます。穏やかな瀬戸内海の風情です。


徳山で15分ほど停車するとのことなので、この隙に外へでてみましょう。


駅はこんなかんじです。他には特にめだったものはなく、列車に戻ります。


新山口までつきました。

ここで、ご飯が食べられるなら食べようかなぁと思っています。


SLやまぐち号、乗りたい気持ちでいっぱいです。毎週土日に走っているのですが、なんということでしょう、今週の土日だけは走らないんです...残念。


駅前の観光案内板です。山口全体で描かれているので、駅付近でどのように過ごせばいいのかよくわからず...


これはなんなんでしょうか?「おごおり 種田山頭火 其中庵」とかかれています。おごおりは地名。種田山頭火は人の名前?其中庵は、なんだかよくわかりません...読み方もわからないですけど。特に説明板もないので、まあいいや。


白狐が入っているのを見つけて発見したという湯田温泉が近いところです。JRの駅の名前にも使われていますし。昨日岩国泊まるところがなければ、ここまでいこうかなぁと思っていた場所です。

この駅前、何もないです。お昼ご飯を食べるなど、無理です。全然お店がないし。じゃあ、山口まで移動して、山口で食べよう、というさみしい気持ちでホームに戻ります。山口で昼食の時間を確保するため、次にのる列車は12時26分新山口発、12時49分山口着の普通列車にのります。


ホームの掲示されていた、これから乗る山口線の案内板です。この掲示板を見ると、今日のコースの途中駅の津和野駅に、「うずめ飯」なる郷土料理があるよ、とかかれています。それは気になります。ということで、山口でお昼を食べるのはやめて、津和野までいっちゃいましょう。津和野まで行くなら、乗る列車は12時53分新山口発、13時55分津和野着の特急スーパーおき4号です。


こちらは山口へ行くなら乗ろうと思っていた12時26分発の宮野行きの列車です。10人ぐらいしか乗っていませんが、2両編成で出発していきました。


新山口駅は、のぞみがとまるようになってからの名前でして、昔は小郡というなまえだったんです。これは、山口線のホームに記念として残された小郡駅の駅名標です。


こちらに乗って出発です。さきほどの各駅停車と違って、こちらの特急には大量に乗客が乗っています。


途中、山口駅の味わいのある駅名標です。


津和野につきました。

ここで途中下車して、小京都といわれる津和野でお食事をしましょう。

 

ではまた。

岩国の朝

今日は、移動をがんばりつつ、どこかいいところがあればそこへ、みたいな適当な動き方を考えています。


朝食は、非常にシンプルでうれしいかぎりです。この程度の量でないと、太ってしまってしょうがないです。


雨があがる直前の弱い雨が降っているので、駅まではタクシーで移動です。運転手さん、わざわざ錦帯橋の前で一度車を止めてくださって写真を撮ることができました。朝から何人も渡っている方々が見えます。


駅まで移動しました。もう雨があがっております。これから移動を開始しましょう。

 

ではまた。

今回の経路(地図)

こちらをクリック(ほぼ完成)

今回の経路(一覧)

稚内
05/24
音威子府
05/24
宗谷本線
名寄
05/24
新旭川
05/24
上川
05/24
石北本線
網走
05/25
知床斜里
05/25
釧網本線
川湯温泉
05/25
標茶
05/26
東釧路
05/26
釧路
05/26
根室本線
帯広
05/26
富良野
05/27
美瑛
05/27
富良野線
旭川
05/27
函館本線
岩見沢
05/28
室蘭本線
沼ノ端
05/28
南千歳
05/28
千歳線
(函)白石
05/29
札幌
05/29
函館本線
小樽
05/30
倶知安
05/30
比羅夫
05/30
長万部
05/31

05/31
五稜郭
05/31
江差線
木古内
06/01
竜飛海底
06/01
津軽海峡線
中小国
06/01
津軽線
青森
06/01
東北本線
八戸
06/02
東北新幹線
盛岡
06/02
山田線
釜石
06/02
遠野
06/02
釜石線
花巻
06/02
東北本線
北上
06/03
北上線
横手
06/03
大曲
06/03
奥羽本線
秋田
06/04
象潟
06/04
羽越本線
酒田
06/04
あつみ温泉
06/04
坂町
06/05
米坂線
米沢
06/05
山形
06/05
奥羽本線
大石田
06/05
新庄
06/06
中山平温泉
(06/06)
陸羽東線
鳴子温泉
06/07
小牛田
06/07
東北本線
一ノ関
06/07
大船渡線
気仙沼
06/07
気仙沼線
前谷地
06/07
石巻線
石巻
06/07
松島海岸
06/07
仙石線
仙台
06/07
東北新幹線
福島
06/08
東北本線
岩沼
06/08
原ノ町
06/08
常磐線
いわき
06/08
磐越東線
(北)郡山
06/08
猪苗代
06/08
磐越西線
会津若松
06/09
津川
06/09
新津
06/09
信越本線
長岡
06/09
上越新幹線
新潟
06/09
越後線
柏崎
06/10
信越本線
宮内
06/10
上越線
越後川口
06/10
十日町
06/10
飯山線
津南
06/11
戸狩野沢温泉
06/11
豊野
06/11
信越本線
直江津
06/11
筒石
06/11
北陸本線
糸魚川
06/11
南小谷
06/13
大糸線
松本
06/13
篠ノ井線
篠ノ井
06/13
信越本線
長野
06/13
北陸新幹線
高崎
06/13
上越新幹線
越後湯沢
06/13
水上
06/14
上越線
新前橋
06/14
両毛線
小山
06/14
宇都宮
06/14
東北本線
黒磯
06/14
安積永盛
06/14
水郡線
水戸
06/14
常磐線
新松戸
06/15
武蔵野線
南浦和
06/15
東北本線
赤羽
06/15
埼京線
池袋
06/15
田畑
06/15
山手線
秋葉原
06/15
錦糸町
06/15
総武本線
千葉
06/15
佐倉
06/15
成田
06/15
成田線
松岸
06/16
総武本線
成東
06/16
東金線
大網
06/16
外房線
安房鴨川
06/16
館山
06/16
内房線
富浦
06/17
保田
06/17
浜金谷
06/17
君津
06/17
蘇我
06/17
新浦安
06/17
京葉線
舞浜
06/17
東京
06/18
東北本線
神田
06/18
国分寺
06/18
中央東線
西国分寺
06/18
武蔵野線
武蔵浦和
06/18
埼京線
大宮
06/18
高崎線
倉賀野
06/18
高麗川
06/19
八高線
拝島
06/19
青梅線
立川
06/19
南武線
武蔵小杉
06/19
横須賀線
品川
06/19
東海道本線
川崎
06/20
南武線
尻手
06/20
南武線
浜川崎
06/20
鶴見線
鶴見
06/20
東海道本線
横浜
06/20
磯子
06/20
根岸線
大船
06/20
東海道本線
国府津
06/20
御殿場線
沼津
06/20
東海道本線
富士
06/20
身延線
甲府
06/20
中央東線
八王子
06/21
横浜線
新横浜
06/21
東海道新幹線
小田原
06/22
熱海
06/22
東海道本線
三島
06/22
東海道新幹線
静岡
06/22
浜松
06/22
東海道本線
豊橋
06/23
飯田
06/23
飯田線
辰野
06/24
川岸
06/24
中央東線
岡谷
06/24
中央東線
塩尻
06/24
中央西線
(中)金山
06/24
東海道本線
名古屋
06/24
関西本線
亀山
06/25
多気
06/25
紀勢本線
熊野市
06/25
新宮
06/25
紀伊勝浦
06/25
串本
06/26
紀伊田辺
06/26
和歌山
06/26
橋本
06/27
和歌山線
五条
06/27
(和)高田
06/27
桜井線
奈良
06/27
関西本線
今宮
06/28
大阪
06/28
大阪環状線
京橋
同志社前
06/28
片町線
木津
加茂
06/28
関西本線
柘植
草津線
草津
大津
06/28
東海道本線
山科
06/29
湖西線
近江塩津
06/29
北陸本線
米原
06/29
大垣
06/29
東海道本線
岐阜
06/29
高山
06/29
高山本線
猪谷
06/30
富山
06/30
金沢
06/30
北陸本線
敦賀
07/01
小浜
07/01
小浜線
東舞鶴
07/02
舞鶴線
綾部
07/02
園部
07/02
山陰本線
嵯峨嵐山
07/02
京都
07/03
東海道本線
新大阪
07/03
山陽新幹線
西明石
07/03
山陽本線
神戸
07/03
三ノ宮
07/03
東海道本線
尼崎
07/04
福知山線
福知山
07/04
城崎温泉
07/04
山陰本線
浜坂
07/05
鳥取
07/05
智頭
07/05
因美線
東津山
07/05
林野
07/05
姫新線
姫路
07/06
山陽本線
相生
07/06
赤穂線
(山陽本線を選択乗車)
東岡山
07/06
山陽本線
岡山
07/06
津山線
津山
07/06
姫新線
新見
07/07
伯備線
倉敷
07/07
山陽本線
福山
07/07
府中
07/07
福塩線
塩町
07/07
備後落合
07/07
芸備線
備中神代
07/07
伯備線
伯耆大山
07/07
米子
07/07
山陰本線
出雲市
07/08
温泉津
07/08
江津
07/09
三江線
三次
07/09
芸備線
広島
07/09
宮島口
07/10
山陽本線
岩国
07/10
岩徳線
(山陽本線に乗車)
櫛ヶ浜
07/11
山陽本線
新山口
07/11
津和野
07/11
山口線
益田
07/11
東萩
07/11
山陰本線
長門市
07/12
美祢
07/12
美祢線
厚狭
07/12
下関
07/12
山陽本線
門司
07/13
鹿児島本線
西小倉
07/13
別府
07/13
日豊本線
宮崎
07/14
都城
07/14
吉都線
吉松
07/15
肥薩線
隼人
07/15
日豊本線
鹿児島
07/15
鹿児島中央
07/15
鹿児島本線
(鹿)川内
07/15
九州新幹線
新八代
07/15
熊本
07/15
鹿児島本線
久留米
07/16
久大本線
夜明
07/16
日田彦山線
田川後藤寺
07/17
後藤寺線
新飯塚
07/17
筑豊本線
折尾
07/17
鹿児島本線
吉塚
07/17
篠栗線
(筑)桂川
07/18
筑豊本線
原田
07/18
鹿児島本線
鳥栖
07/18
吉野ヶ里公園
07/18
長崎本線
佐賀
07/18
肥前山口
07/19
諫早
07/19
大村線
早岐
07/19
佐世保線
肥前山口
07/19

Calendar

最近のエントリ

Feeds

Links

Navigation