2010/07/07 水曜日

米子でチェックイン

では、米子のホテルへ移動して、さっさと休みましょう。


米子駅は、ねずみ男駅なんですって。ホームにでかでかと描かれていました。水木しげる関連の見どころがある境港へは米子から列車でいけるからですね。


この時間に下車したのは、わたくしだけでした。あとの方々は途中で降りてしまっていますので。


米子駅の駅舎です。って、ほとんどなにも写っていませんが。


今日のホテルは、駅をでて左に1分。ホテルハーベストイン米子です。駅から近いというのは、ありがたいです。


こんな部屋です。シティホテル的な部屋ですね。

では、さっさと寝ようと思っていた所、ブログに載せている地図の更新がされていないというクレームを発見。そういえば、1週間ぐらい更新していませんでしたので、作業に取りかかります。結構時間がかかるんですよね...明日の早起きは諦めて、とりあえずブログの記事と同じところまでは地図の登録をしてみました。

 

もう夜も深くなったので、これで寝ます。明日は、せっかくですから境港あたりへ行ってみつつ、わたくしの大好きな出雲大社に行きたいと思っています。

 

ではまた。

難所、福山から米子へ

では、難所攻略です。次は15時33分福山発、16時23分府中着の普通列車にのります。



こちらの車両です。小学生が校外学習ってことで、列車に大量に乗り込んできました。

高校生やおじさんたちはガラが悪い感じで、なんだか車内全体が居心地がわるい感じでちょっとイヤです。気を悪くした方がいらっしゃったらごめんなさい。


府中につきました。

次は16時49分府中発、18時25分塩町着の普通列車に乗ります。


すでに入線していたので、撮っておきます。荷物も置いておきましたが、ここでは25分ちょっと時間があるので、外へ出てみましょう。


おっと、ローソンがあります。さすが府中。振込とか云々をコンビニで処理したかったので、ちょうどよかったです。


いちおう、お弁当は持っているものの、夜食を買っておきます。2リットルの水さえあれば、安心ですね。



上下駅につきました。

列車すれ違い待ちのチャンスに、撮影を。上下駅は福塩線で標高が一番高いんですって。


上下駅を出発して、10分ぐらいすると、突然雷がゴロゴロと。しばらくすると、豪雨になりました。すごい雨です。


沿線の地盤がそんなに強くないから時速15km制限がかかっている区間、ここも豪雨です。大丈夫なんでしょうか?ものすごくゆっくり走って行きます。列車が泊まらなければいいんですが。


乗換駅の塩町につく15分前ぐらいから、こんどは陽の光が強くさしてきます。本当に、上下駅からちょっと北側だけが豪雨地帯だったんですね。中国地方では木次線だけに遅れの情報が出ていますが、今日の路線である福塩線や芸備線、伯備線には遅れなどの影響が出ていません。よかった。


塩町駅につきました。

途中を徐行していたので5分程度の遅れで到着です。次は19時03分塩町発、20時15分備後落合着の普通列車に乗ります。


ホームの見た目からすると、ここで40分過ごす素敵な出会いは期待できません...


無人駅の駅舎を撮ってみました。


案内板は、よく商店街にあるような、地元の店がずらっとかかれた絵でした。駅のまわりには、なにもないこともしっかりと確認できました。


ということで、ホームから空でもみて、しみじみしましょう。


夕日がもうすぐ沈むっていうタイミングで、ちょうど次の芸備線の列車が入って来ました。


珍しい名前なので、撮ってみました。


備後落合駅につきました。

つぎは20時20分備後落合発、21時33分備中神代着に乗ります。



乗り換え時間5分ですので、すでに乗る列車は入線していました。


両者が並んだ様子です。まあ、こんなものしか撮るものがないんです。まわりはすっかり暗いし。


備後落合駅の駅舎を外から撮ってみました。暗いのでどこに駅の名前がかかれているのかわかりません...

ほどなく出発しましたが、乗客はわたくしの他に二人。そのうちの一人は次の駅で降りてしまいます。


さて、福山で買ったお弁当、21時までが消費期限なので、そろそろ食べましょう。中身は、長時間の運搬により寄ってしまいました。ばら寿司のばらとは、福山が薔薇の町だからだそうです。味は、駅弁的な味がします。酢飯だから、間違いはありませんね。原材料名に「味付山菜」というのがあり、撮ってみました。「味付山菜」というのが許されるなら、たとえばかぼちゃを煮てあっても「煮た野菜」という表現でもOKになっちゃうんじゃないでしょうか?「焼いた魚」とかもOK?わたくし、こういうものの基準っていまひとつわかりません。


途中、東城駅を通過します。芸備線が攻略困難で無ければ、ここで降りて一泊して、帝釈峡を見に行くのも良かったと思いますが、残念。で、ここの駅でこの列車に乗っているもう一人の乗客も降りてしまい、わたくししか乗っていません。一体、なんでこの列車はこの時間に走っているんでしょうか?誰のため?


備中神代駅につきました。

次は21時52分備中神代発、23時16分米子着の普通列車に乗ります。これが今日の最後の列車です。


この駅で20分弱、次の列車を待つという挑戦をします。


備中神代駅の駅舎です。ポストがあると、どうしても気になってしまいます。このポストの上には特になにも置いてなさそうですけど。

今日は七夕ですね。やることもないから、空でも見上げて星を鑑賞することにしましょう。

...星は見えることは見えますが、駅の照明が明るすぎて、小さな星はほとんど見えません。織姫と彦星は、わかりました。星は得意な方ですから。そのこと座のベガとわし座のアルタイルに、白鳥座のデネブの3つ、夏の大三角形は確認できました。もうちょっと駅が暗ければ、もっといっぱい見えたんでしょうが、北極星もうっすらしか見えない状態です。でも、何年ぶりか、というか小学生以来で初めて7月7日に星が見られたような気がします。これは素敵なことです。今日、遅い時間まで列車に乗ることにして本当によかった!


もはや写真がまともに撮れないぐらいですが、この光の線が列車の前照灯の光だったりします。乗客は、一人だけ乗っていましたので、この列車には二人をのせて出発です。


伯耆大山駅を通過します。ここで伯耆線から山陰本線へ入って行きます。


さきほどちゃんと撮れなかったので、米子にとまった直後に撮ってみました。こちらに乗っていました。


さて、米子につきました。

なんとも長い時間をつかったものです。

今日は米子に一泊します。


ではまた。

福山観光

福山の観光に行ってきます。

まずはご飯。例によって、観光案内所に行き、福山っぽいものが食べたいので、と伝えると「福山に郷土料理はありません。瀬戸内の魚を食べてください」というお答えが。もうちょっとテンション上がる言い方はできないんだろうか?と、テンション下がった状態でとりあえず街へでます。



今週末は選挙ですね。こんなキャラクターたちが投票を呼びかけていました。もっぱら、高校生や小さなお子様が反応していましたが。


福山駅前は再開発中らしく、駅舎を撮ろうにもこんな角度でしかとれませんでした。ここは新幹線駅ですから、かなり大きいですね。


商店街を進んでみます。お昼時なのでそこそこの人手です。


郷土料理がないので決め手がないですが、こんなお店にしてみました。


各テーブルに囲炉裏がくっついているようです。夜きたら楽しいのかもしれませんね。


お昼は刺身定食にしました。このボリュームで950円。味も、コストパフォーマンスでちょうどいいカンジです。

さて、福山で観光といったら、鞆の浦ってことになるそうです。駅の北側にはお城もありますが、人が作ったお城よりも、自然の景勝地である鞆の浦に行くことにします。




11番バス乗り場から出るバスに乗って、終点の鞆港バス停または一つ手前の鞆の浦バス停で降りればOKです。


こんな道沿いを海に向かってバスは走って行きます。


鞆の浦につきました。瀬戸内海国立公園で一番きれいなところ、という評判です。


鞆の浦バス停で降りました。観光案内所が目の前になるので、こんなマップをもらいます。ここは坂本龍馬ゆかりの地だったりするそうです。


坂本龍馬が泊まった宿だそうです。非公開なので外側だけです。


こちらが景勝地、鞆の浦の眺めです。


顔出し看板も龍馬です。乗っている船はいろは丸だそうで。


こちらは「むろの木歌碑」というものです。大伴旅人が西暦730年に詠んだ歌がかかれています。


さて、こんな小路を進んでいくと、「対潮楼」(たいちょうろう)と言う場所があります。鞆の浦の観光スポットとして一番にかかれていたので、さっそく入ってみましょう。


対潮楼は、福禅寺というお寺の本堂の隣にあります。この本堂のところから入って行きます。


対潮楼から、鞆の浦を眺めると、こんな風に見えます。柱や梁を額縁にして、景色を楽しむといいとおそわりました。綺麗な眺めです。このお堂にすわっていると、涼しくて静かで、すばらしい場所であることがわかります。


隣の島、仙酔島へ渡る船は、いろは丸っぽい見た目です。


いやぁ、風に当りながらゆっくり海を眺めるのは贅沢です。これは素敵な時間です。


対潮楼の近くに坂本龍馬談判の町家というものがあります。いろは丸事件が起こった際、龍馬が紀州藩と交渉した場所ということだそうです。まあ、書いてはいますがわたくしには何のことやらさっぱりわかりませんけど。そういう事件があったんですね。わたくし、坂本龍馬に詳しくないものでして...


鞆港には、江戸時代の港のもろもろのものが残っているそうです。写真奥の雁木という荷揚げ用の階段状の場所も、江戸時代からあるそうです。


力石とやらが置いてあります。これで昔は力比べをしていたんだとか。いかにも重そうですけど、持ち上がるんでしょうか?


さて、またしても路地です。時代が違うみたいな錯覚を起こします。


軒先に縄がずっとつながってかかっています。なんだろうと聞いて見たところ、7月10日に祭りがあるので、注連縄なんだそうです。


こちらは、昔からある常夜灯だそうです。通称「とうろどう」というそうです。


こちらは鞆の浦歴史民族資料館です。沈没したいろは丸の引き揚げを行ったそうで、その際に引き揚げられた品々が展示されています。これはなかなか興味深い展示です。


歴史民族資料館は、鞆城の跡地なので、石垣です。金沢城以来、石垣が気になってしょうがないです。


ありゃ、全然写っていませんが、バス停近くの海、こんなに汚いんですけど、エイが泳いでいたので撮ってみました。でも全然ダメですね。エイ以外にもたくさん魚の姿が見えました。


では、このバスに乗って福山駅に戻りましょう。このバスの運転手、めちゃくちゃ乱暴な運転といい加減な車内放送で、最低の野郎でした。公共交通機関の運転手に全くふさわしくない。非常に気分が悪い。鞆鉄道、もうちょっとちゃんとしてもらったほうがいいです。行きの運転手さんは親切にいろいろ教えてくれるおじさんだったのに。


さて、駅につきました。今日はこの後、難所である福塩線+芸備線を攻略する必要があり、15時半から23時過ぎまでひたすらに列車に乗ることになります。ということで、お腹が空いたら困りますから福山駅でお弁当を買っておきます。


それでは、次は列車での旅に戻りましょう。


ではまた。

倉敷から福山へ

では、福山へ移動しましょう。11時12分倉敷発、11時54分福山着の普通列車です。

 


こちらに乗っていきます。結構乗客も多いようです。


福山につきました。

またここで途中下車して、福山観光をしてみたいとおもいます。倉敷も福山も、観光をしたことがないので刺激的です。福山はどんな風になるでしょうか。

 

ではまた。

倉敷散策

では、倉敷を観光してみましょう。



倉敷といえば、やっぱり美観地区ですね。風情のある街並みを散策するだけでも気持ちがいいところです。


観光案内所で地図をもらって、いざ出発です。


駅から500メートル程度で美観地区の入り口にたどり着きます。

以下、例によって景色を撮った写真をずらっと並べます。


いかがでしょうか?川、柳、白壁などなど、落ち着いた雰囲気を散策するんです。気持ちいいですよ。今日は七夕なので、七夕飾りが軒先に飾ってあり、さらに雰囲気をよくしてくれています。


星野仙一記念館というものがあるんですね。興味のある方はどうぞ。


わたくしは、ちょっとこちら、桃太郎のからくり博物館とやらに入ってみます。


中には、いろんなからくりが飾ってあります。意外と言っては失礼ですが、おもしろんです、これが。くだらなくてしょうもないんですけど、おもしろいっていう、個人的には一番うれしい場所でした。


ももたろうに関する貴重な資料も展示してあります。その中のひとつ、明治時代にかかれたという英語版のももたろう。これは興味深いですね。


倉敷アイビースクエアというところにやってきました。ここは、昔は倉敷代官所があったり、倉敷紡績の発祥の地だったり、という場所です。見学自由なので入ってみます。


こちらは、代官所時代に利用されていた井戸だそうです。ほとんど代官所時代の遺構は残っていないんだとか。


中は、お店や、昔の倉敷紡績のレンガ造りの建物だとかを見ることができます。つたのからまった壁は見事でした。


日本一、金賞コロッケというものがあります。なんとも気になるタイトルです。金賞を受賞したってことでしょう。これは黙ってはいられませんね。


ということで、購入しました。味は、中が柔らかく仕上がっていて、すこし肉汁もあるような味で、おいしいです。これなら金賞を名乗ってもいい、そんな味でした。出会えてよかったです。

では、いい感じでぶらぶらできたので、駅にもどって、次へ行きましょう。次の目的地は、福山です。

 

ではまた。

津山から倉敷へ

それでは津山から出発です。6時11分津山発、8時06分新見着の普通列車です。


こちらにのります。こんな時間ですので、ほとんど人は乗っていません。途中高校生が何人か乗ってきましたが、それでも充分に座席が余るぐらいです。一体なんのためにこのダイヤは組まれているんでしょう?


新見につきました。

次は8時34分新見発、9時28分倉敷着の特急やくも6号に乗ります。30分弱、なにかできれば、と。


こちらが新見駅です。地味目な雰囲気ですね。


祐清とたまがき、というものだそうです。なんでも、新見というところは室町時代には京都の東寺の荘園で、祐清という人が代官でこの地で年貢の取り立てをびしびしやっていたために農民から反感をかって殺されたそうで、祐清の奥さんであるたまがきが形見分けをお願い、と東寺に送ってお願いしたっていうお話があるそうで、その記念の像だそうです。


新見市全体の観光案内図です。結局駅のまわりにはなにもなさそう。


 

駅のロータリーの中心には、大名行列を再現したみたいなのがたっています。ふーん、という印象です。

 



駅からすこし歩くと、川が流れていて、以上、終了です。駅に戻りましょう。


そういえば、朝食をとっていなかったので、この雰囲気のお店へ入りましょう。


今日の朝食でございます。ミックスサンドってやつです。

そんな風に食べていたら、8時34分になってしまいました。特急やくもの発車時刻です。まあ、ダメでも8時39分に発車する普通列車があるから、まあいいか、という程度の気持ちでおります。


ということで、8時36分ごろホームに立つと、なんと、特急やくもが入線してきました。これはラッキー、遅れて運転していたようです。特急券は車内で買えばいいので、乗っていきましょう。


倉敷につきました。

倉敷ですこし観光をしたいと思います。

 

ではまた。

津山から出発

今日の出発時間も、おおいに悩みました。今日は難所の福塩線+芸備線が待っています。この2路線を組み合わせていい感じで進むには、福山から朝一に列車に乗るか、夕方から乗るか、のどちらかしかないのです。お昼に福山を出る列車に乗っても、芸備線の乗り継ぎが悪く、結局夕方出るのと変わらない時間にしか到着できません。

しかも、芸備線沿線には、夜遅くにチェックインできるところはほとんど無く、さらに難易度を上げています。

沿線でどうしても見たいという場所は特に無く、もし見られるなら帝釈峡でも、とは思っていましたが、どうしてもうまくスケジュールが組めません。

ましてや天候が悪化して途中で進めなくなるリスクまであります。

 

どうしよう...結局、福山で一泊するか、米子まで行くか、どちらかしかありません。できるなら後者を選択したいと思いつつ、今日の旅を始めます。


部屋から、線路が見えます。昨日とまっていた姫新線の車両と思われるものも動いていますので、今日の運行には問題ないと思われます。


駅前には何だか像がありましたが、急いでいたのでよくわかりません。

とにかく、朝一番の列車で先へ進みましょう。

 

ではまた。

今回の経路(地図)

こちらをクリック(ほぼ完成)

今回の経路(一覧)

稚内
05/24
音威子府
05/24
宗谷本線
名寄
05/24
新旭川
05/24
上川
05/24
石北本線
網走
05/25
知床斜里
05/25
釧網本線
川湯温泉
05/25
標茶
05/26
東釧路
05/26
釧路
05/26
根室本線
帯広
05/26
富良野
05/27
美瑛
05/27
富良野線
旭川
05/27
函館本線
岩見沢
05/28
室蘭本線
沼ノ端
05/28
南千歳
05/28
千歳線
(函)白石
05/29
札幌
05/29
函館本線
小樽
05/30
倶知安
05/30
比羅夫
05/30
長万部
05/31

05/31
五稜郭
05/31
江差線
木古内
06/01
竜飛海底
06/01
津軽海峡線
中小国
06/01
津軽線
青森
06/01
東北本線
八戸
06/02
東北新幹線
盛岡
06/02
山田線
釜石
06/02
遠野
06/02
釜石線
花巻
06/02
東北本線
北上
06/03
北上線
横手
06/03
大曲
06/03
奥羽本線
秋田
06/04
象潟
06/04
羽越本線
酒田
06/04
あつみ温泉
06/04
坂町
06/05
米坂線
米沢
06/05
山形
06/05
奥羽本線
大石田
06/05
新庄
06/06
中山平温泉
(06/06)
陸羽東線
鳴子温泉
06/07
小牛田
06/07
東北本線
一ノ関
06/07
大船渡線
気仙沼
06/07
気仙沼線
前谷地
06/07
石巻線
石巻
06/07
松島海岸
06/07
仙石線
仙台
06/07
東北新幹線
福島
06/08
東北本線
岩沼
06/08
原ノ町
06/08
常磐線
いわき
06/08
磐越東線
(北)郡山
06/08
猪苗代
06/08
磐越西線
会津若松
06/09
津川
06/09
新津
06/09
信越本線
長岡
06/09
上越新幹線
新潟
06/09
越後線
柏崎
06/10
信越本線
宮内
06/10
上越線
越後川口
06/10
十日町
06/10
飯山線
津南
06/11
戸狩野沢温泉
06/11
豊野
06/11
信越本線
直江津
06/11
筒石
06/11
北陸本線
糸魚川
06/11
南小谷
06/13
大糸線
松本
06/13
篠ノ井線
篠ノ井
06/13
信越本線
長野
06/13
北陸新幹線
高崎
06/13
上越新幹線
越後湯沢
06/13
水上
06/14
上越線
新前橋
06/14
両毛線
小山
06/14
宇都宮
06/14
東北本線
黒磯
06/14
安積永盛
06/14
水郡線
水戸
06/14
常磐線
新松戸
06/15
武蔵野線
南浦和
06/15
東北本線
赤羽
06/15
埼京線
池袋
06/15
田畑
06/15
山手線
秋葉原
06/15
錦糸町
06/15
総武本線
千葉
06/15
佐倉
06/15
成田
06/15
成田線
松岸
06/16
総武本線
成東
06/16
東金線
大網
06/16
外房線
安房鴨川
06/16
館山
06/16
内房線
富浦
06/17
保田
06/17
浜金谷
06/17
君津
06/17
蘇我
06/17
新浦安
06/17
京葉線
舞浜
06/17
東京
06/18
東北本線
神田
06/18
国分寺
06/18
中央東線
西国分寺
06/18
武蔵野線
武蔵浦和
06/18
埼京線
大宮
06/18
高崎線
倉賀野
06/18
高麗川
06/19
八高線
拝島
06/19
青梅線
立川
06/19
南武線
武蔵小杉
06/19
横須賀線
品川
06/19
東海道本線
川崎
06/20
南武線
尻手
06/20
南武線
浜川崎
06/20
鶴見線
鶴見
06/20
東海道本線
横浜
06/20
磯子
06/20
根岸線
大船
06/20
東海道本線
国府津
06/20
御殿場線
沼津
06/20
東海道本線
富士
06/20
身延線
甲府
06/20
中央東線
八王子
06/21
横浜線
新横浜
06/21
東海道新幹線
小田原
06/22
熱海
06/22
東海道本線
三島
06/22
東海道新幹線
静岡
06/22
浜松
06/22
東海道本線
豊橋
06/23
飯田
06/23
飯田線
辰野
06/24
川岸
06/24
中央東線
岡谷
06/24
中央東線
塩尻
06/24
中央西線
(中)金山
06/24
東海道本線
名古屋
06/24
関西本線
亀山
06/25
多気
06/25
紀勢本線
熊野市
06/25
新宮
06/25
紀伊勝浦
06/25
串本
06/26
紀伊田辺
06/26
和歌山
06/26
橋本
06/27
和歌山線
五条
06/27
(和)高田
06/27
桜井線
奈良
06/27
関西本線
今宮
06/28
大阪
06/28
大阪環状線
京橋
同志社前
06/28
片町線
木津
加茂
06/28
関西本線
柘植
草津線
草津
大津
06/28
東海道本線
山科
06/29
湖西線
近江塩津
06/29
北陸本線
米原
06/29
大垣
06/29
東海道本線
岐阜
06/29
高山
06/29
高山本線
猪谷
06/30
富山
06/30
金沢
06/30
北陸本線
敦賀
07/01
小浜
07/01
小浜線
東舞鶴
07/02
舞鶴線
綾部
07/02
園部
07/02
山陰本線
嵯峨嵐山
07/02
京都
07/03
東海道本線
新大阪
07/03
山陽新幹線
西明石
07/03
山陽本線
神戸
07/03
三ノ宮
07/03
東海道本線
尼崎
07/04
福知山線
福知山
07/04
城崎温泉
07/04
山陰本線
浜坂
07/05
鳥取
07/05
智頭
07/05
因美線
東津山
07/05
林野
07/05
姫新線
姫路
07/06
山陽本線
相生
07/06
赤穂線
(山陽本線を選択乗車)
東岡山
07/06
山陽本線
岡山
07/06
津山線
津山
07/06
姫新線
新見
07/07
伯備線
倉敷
07/07
山陽本線
福山
07/07
府中
07/07
福塩線
塩町
07/07
備後落合
07/07
芸備線
備中神代
07/07
伯備線
伯耆大山
07/07
米子
07/07
山陰本線
出雲市
07/08
温泉津
07/08
江津
07/09
三江線
三次
07/09
芸備線
広島
07/09
宮島口
07/10
山陽本線
岩国
07/10
岩徳線
(山陽本線に乗車)
櫛ヶ浜
07/11
山陽本線
新山口
07/11
津和野
07/11
山口線
益田
07/11
東萩
07/11
山陰本線
長門市
07/12
美祢
07/12
美祢線
厚狭
07/12
下関
07/12
山陽本線
門司
07/13
鹿児島本線
西小倉
07/13
別府
07/13
日豊本線
宮崎
07/14
都城
07/14
吉都線
吉松
07/15
肥薩線
隼人
07/15
日豊本線
鹿児島
07/15
鹿児島中央
07/15
鹿児島本線
(鹿)川内
07/15
九州新幹線
新八代
07/15
熊本
07/15
鹿児島本線
久留米
07/16
久大本線
夜明
07/16
日田彦山線
田川後藤寺
07/17
後藤寺線
新飯塚
07/17
筑豊本線
折尾
07/17
鹿児島本線
吉塚
07/17
篠栗線
(筑)桂川
07/18
筑豊本線
原田
07/18
鹿児島本線
鳥栖
07/18
吉野ヶ里公園
07/18
長崎本線
佐賀
07/18
肥前山口
07/19
諫早
07/19
大村線
早岐
07/19
佐世保線
肥前山口
07/19

Calendar

最近のエントリ

Feeds

Links

Navigation